医療相談室

Question

歯科インプラント後の服薬は

 昨年5月に歯科インプラントの手術を受けました。骨粗しょう症の薬「エビスタ」を服用中で、歯科医から「治療中はビスホスホネート製剤に変更しないで」と指示されました。(59歳女性)

Answer

骨粗しょう症のBP製剤 影響も

 岸本裕充(ひろみつ) 兵庫医大歯科口腔(こうくう)外科教授(兵庫県西宮市)

 歯科インプラントは、歯を失った骨に金属の人工歯根を埋め込み、完全に結合させたうえで、人工歯根に歯冠部分をつけ、歯の形を再現する治療です。

 一方、骨粗しょう症の薬には、骨の代謝を遅くするビスホスホネート(BP)製剤、骨に対し女性ホルモンのような働きをする「エビスタ」をはじめとしたラロキシフェン塩酸塩などがあります。

 BP製剤は、最も骨折予防効果に優れる薬の一つです。骨密度の低下などの理由で、医師がBP製剤を勧める可能性はあります。

 BP製剤を使っていると、抜歯やインプラント手術のように顎の骨の治癒が必要な治療で、治る速度が遅くなる場合があります。手術後の経過が悪いと、まれに顎の骨が壊死(えし)することもあります。

 したがって、抜歯やインプラントの手術を行う時には、BP製剤を一時中断することがあります。一方、BP製剤は骨に強力に沈着しているため、短期間中止しても効果はあまりないという考え方もあります。

 手術後1年近く経過し安定しているならば、エビスタをBP製剤に変更しても、直ちにインプラントに悪影響を及ぼすことはないでしょう。ただし、インプラントの周囲に炎症などが生じた場合、治りに影響を及ぼす可能性はあります。

 毎日の適切な口腔清掃と歯科での定期的なメンテナンスが必須です。BP製剤への変更が必要になったら、その時点で、インプラントの状態を慎重に評価する必要があるでしょう。

2013年4月20日 読売新聞)

相談する

 ・相談 : 常時、受け付けています。

 ※相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

本文ここまで
このサイトの使い方

ニュースなどはどなたでもご覧になれますが、医療大全や病院の実力、マークのついたコーナーは有料会員対象です。

読売デジタルサービス

読売新聞では、ヨミドクターに加え、様々なデジタルサービスを用意しています。ご利用には読売IDが必要です。

頼れる病院検索

地域や診療科目、病名など気になる言葉で検索。あなたの街の頼れる病院や関連情報の特集を調べられます。

プレゼント&アンケート


「砂糖をやめて 元気で医者いらず」5名様にプレゼントします。


yomiDr.記事アーカイブ

過去のコラムやブログなどの記事が一覧できます。

読売新聞からのお知らせ

イベントや読売新聞の本の情報などをご紹介します。

子育て応援団
ヨミドクター Facebook
お役立ちリンク集

すぐに使えるリンクを集めました。医療、健康、シニアの各ジャンルに分けて紹介しています。

発言小町「心や体の悩み」

人気の女性向け掲示板「発言小町」の中で、心や体の悩みなど健康について語り合うコーナー。話題のトピは?


 ・生理前のイライラについて

 ・食欲が落ちない中年女性(悲)

薬の検索Powered by QLifeお薬検索

お薬の製品名やメーカー名、疾患名、薬剤自体に記載されている記号等から探す事が出来ます。
⇒検索のヒント

yomiDr.法人サービスのご案内

企業や病院内でも「yomiDr.(ヨミドクター)」をご利用いただけます。

yomiDr.広告ガイド

患者さんから医療従事者、介護施設関係者まで情報を発信する「yomiDr.」に広告を出稿しませんか。

共通コンテンツここまで