親孝行…幸せ

兵庫県姫路市 主婦 津組(つぐみ)万智子 69

 元気だった母は脳血栓を起こし、40日ほど入院した後、亡くなった。

 母は近くの個人病院に入院していた。私は毎日、顔を出し、洗濯など身の回りの雑事をこなした。

 家から病院が遠いこともあり、2人の姉が母の世話をすることは少なかったので、内心不満に思ったこともあった。

 そんな時、母親を亡くした友人の言葉にハッとした。「親孝行ができて幸せね。うらやましい」

 精神的にしんどい時もあったが、親孝行できることはありがたいことなんだと気づいた。母の死から10年過ぎたが、世話ができたことに満足している。

 医療に関する体験、意見、疑問をお寄せください。タイトルを「医見」として、住所、氏名、年齢、電話番号と、匿名希望の場合はペンネームを明記のうえ、iryou@yomiuri.com へお送りください。

2012年9月9日 読売新聞)

わたしの医見 最新記事  一覧はこちら

本文ここまで
共通コンテンツここまで