医療大全

大震災

大震災

 東日本大震災は2011年3月11日、太平洋三陸沖を震源としてマグニチュード9、最大震度7の規模で発生した。この地震のエネルギー規模は、関東大震災などを超え、世界第4位の巨大地震となった。地震に伴い大津波が発生し、多くの死亡・行方不明者を出した。

 津波の影響で、東京電力の福島第一原子力発電所の炉心が一時冷却できなくなるなどして、周囲に大量の放射性物質が放出された。政府は、この事故の国際的な評価を、チェルノブイリ原発事故と同じ最悪の「レベル7」とした。

■このページからご覧になれる記事を、期間限定で無料公開中です。医療大全のすべての記事をご覧になるには、有料登録が必要です。「有料登録するとこんなに便利!」はこちら。登録手続きはこちら

シリーズ

震災から1年(1)在宅医療に理解広がる
 
皆上さん(右)を往診する村岡さん

 「前日の抗生剤で熱は下がっています。よかった」

 宮城県気仙沼市の在宅診療所院長、村岡正朗さん(50)が、自宅で療養する同市の皆上(みなかみ)信夫さん(78)に声をかけた。妻の栄子さん(79)がベッドの横でほっとした表情を見せる。

 皆上さんは4年前、脳卒中で倒れ、寝たきりの生活を送っている。2011年3月11日は、市内の老人保健施設にショートステイで滞在していた。海に近い同施設は津波にのまれ、入所者54人が亡くなった。皆上さんは救出され、気仙沼市立病院に入院した。

 4月1日に退院し、自宅に戻ったが、震災後の停電で床ずれを防ぐエアマットが使えず、背中に十数センチの床ずれができていた。栄子さんは「訪問の看護師さんに薬は付けてもらったが、なかなか良くはならなかった」と振り返る。

 救ったのは、全国から支援に駆けつけた医師らだった。ケアが行き届かない在宅の高齢者のため、「気仙沼巡回療養支援隊」を編成し、介護サービスの利用者などを順番に訪問した。

 皆上さん宅には毎日、医師が往診し、床ずれの治療を行い、快方に向かった。

 村岡さんは5月に支援隊から皆上さんの往診を引き継いだ。初めての訪問の際、地元の歯科医も連れていった。皆上さんは、支援隊の歯科医から口の中を清潔にする口腔(こうくう)ケアを受けていたからだ。口腔ケアは、喉に絡むたんを減らし、誤嚥(ごえん)による肺炎を予防する効果がある。ただ、気仙沼市では普及していなかった。

 「支援隊の活動で患者・家族にもケアの最新知識が広がった。今後、地域にあったやり方で定着させていきたい」と村岡さん。現在、2週おきに歯科衛生士が皆上さん宅を訪ね、口の中の清掃を行っている。

 支援隊は9月末の解散までに累計約200人を定期的に往診。現在、その多くを地元の開業医が診ている。

 支援隊は、医師、看護師、ケアマネジャー、介護職らが連携してケアに当たるための勉強会も開催した。これを引き継ぐ形で気仙沼市医師会を含めた連携のワーキングチームができた。

 同医師会長の大友病院院長、大友仁さんは「支援隊のおかげで在宅医療への理解も深まった。大震災でできた医療と介護の横のつながりを生かしていきたい」と話す。

 気仙沼市では震災で診療所の約2割にあたる5施設が閉院し、医療提供体制は少なからず傷ついた。しかし危機をバネに変える意思が気仙沼にはある。

 東日本大震災からまもなく1年。医療現場のいまをリポートする。

2012年3月7日 読売新聞)

シリーズ

本文ここまで
このサイトの使い方

ニュースなどはどなたでもご覧になれますが、医療大全や病院の実力、マークのついたコーナーは有料会員対象です。

読売デジタルサービス

読売新聞では、ヨミドクターに加え、様々なデジタルサービスを用意しています。ご利用には読売IDが必要です。

頼れる病院検索

地域や診療科目、病名など気になる言葉で検索。あなたの街の頼れる病院や関連情報の特集を調べられます。

プレゼント&アンケート


「他人を攻撃せずにはいられない人」5名様にプレゼントします。


yomiDr.記事アーカイブ

過去のコラムやブログなどの記事が一覧できます。

読売新聞からのお知らせ

イベントや読売新聞の本の情報などをご紹介します。

子育て応援団
ヨミドクター Facebook
お役立ちリンク集

すぐに使えるリンクを集めました。医療、健康、シニアの各ジャンルに分けて紹介しています。

発言小町「心や体の悩み」

人気の女性向け掲示板「発言小町」の中で、心や体の悩みなど健康について語り合うコーナー。話題のトピは?


 ・生理前のイライラについて

 ・食欲が落ちない中年女性(悲)

薬の検索Powered by QLifeお薬検索

お薬の製品名やメーカー名、疾患名、薬剤自体に記載されている記号等から探す事が出来ます。
⇒検索のヒント

yomiDr.法人サービスのご案内

企業や病院内でも「yomiDr.(ヨミドクター)」をご利用いただけます。

yomiDr.広告ガイド

患者さんから医療従事者、介護施設関係者まで情報を発信する「yomiDr.」に広告を出稿しませんか。

共通コンテンツここまで