宋美玄のママライフ実況中継

産婦人科医として第一線で活躍する宋美玄さんが、初めての妊娠・出産体験で見えてきたことを報告します。

2016年2月10日

虐待死に胸が痛む 余裕のある子育て環境実現を 新着

 寒くなり、インフルエンザが猛威をふるっているようですが、幸い今のところ娘の幼稚園では流行していません。息子以外、家族全員インフルエンザワクチンを打っていますが、もしも感染したらどうなってしまうのか考えるだけで恐ろしいです。娘は今のところとても健康で、そういえば昨年一年間は一度も熱を出したり病気をしたりしませんでした。娘のように息子も健康だと助かるのですが、まだ分かりません。

2016年2月3日

ジカ熱流行、妊婦さんは気をつけて!

 冬らしい日が続きますね。産前産後に長い間手伝いにきてくれていた私の母を慰労(?)するため、福島県の磐梯熱海温泉に行って来ました。雪が積もっていて、娘は大喜びで露天風呂のへりで雪だるまを作っては手をお風呂で温めていました。息子はいつもより長湯だったためか、その後、非常によく寝てくれました。そのため、帰って来た後に家でも長湯にしてみようと思いましたが、娘がちょっかいを出し続けて危なっかしいので断念しました。

2016年1月27日

長崎大・産婦人科医の問題発言に思う 医師の先入観押しつけるな

 先週、生後まる2か月を迎えた息子に予防接種を受けさせてきました。ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎、ロタの4種類です。居住する区は予防接種費用の助成が手厚く、ロタの一部を負担したのみで、他は無料で打つことができました。本当に助かります。
 寒い日が続いていますが、娘のパワーは家では発散しきれません。ベビーカーに息子を乗せて公園に遊びに行ったところ、娘は元気に走り回って、しまいにはコートを脱ぐくらい体が温まっていたようですが、立って見ている親は凍えそうになりました。息子はベビーカーのフットマフが十分あたたかかったようですが、泣いた時に抱き上げると寒そうなので、公園の中をぐるぐるベビーカーを押してあやしました。幼稚園に迎えにいった後も園庭でそのような感じになるので、風邪を引くのは時間の問題ではないかとおびえています。

2016年1月20日

便秘で心配。一人一人違う子育て

 ようやく冬らしい寒さがやってきましたね。今週月曜に積雪の朝を迎えたとき、私は出来ることならば家から出たくないと思いましたが、娘は「雪合戦する!」と大はしゃぎ。モンベルの雪用手袋をはめさせて登園したところ、お迎えの後、30分以上も園庭で雪遊びをしていて、待たされた私は凍えそうでした。
 息子は今日で出生後、まる2か月が経(た)ちました。今日から予防接種を受けてもいいので、早速連れて行こうと思います。

2016年1月13日

浦安市長の成人式発言、適切か?

 今週になって、東京はようやく冬らしい寒さになってきました。連休に家族で外出をしたのですが、娘のパワー発散のためにわざわざ小さな赤ちゃんを連れて出かけたにも関わらず、娘が「お家が良かった」と言ってがっくり。結局、娘のリクエストで温水プールに行きましたが、寒い日は運動不足になりやすそうです。
 今年も成人式が各地で行われ、例年のように派手で素行の荒い新成人が話題となっていますが、それよりも話題になっているのが千葉県浦安市の松崎秀樹市長の祝辞です。「人口減少のままで今の日本の社会は成り立たない。若い皆さんに大いに期待したい」「出産適齢期は18歳から26歳まで」と発言したとのことです。

2016年1月6日

バリアフリーと程遠い街、東京

 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。今年のお正月は家族で京都に泊まりがけで行って来ました。もともと分娩予定日が12月5日だったので、お正月は自宅で過ごそうと思っていたのですが、出産が予定日より2週間早まったため、出かけることにしたのです。もともと旅行が大好きで自宅にずっといるのが苦手なため、乳児を連れての産後初旅行となりました。新幹線は、駅構内の移動を含めてとても快適でした。息子はひたすら寝ているか授乳ケープの下でおとなしく母乳を飲んでいて、娘は親の膝の上に座り、小さなままごとグッズでずっと遊んでいました。娘が乳児の頃に新幹線で帰省したときは、泣きやまない娘をひたすらデッキで抱っこしてゆすったり、歩き回りたがる娘を何度も席から立たせて歩かせたりと、つらかった思い出が多いので、それに比べると今回の移動はとても楽で、他の乗客の皆さんにもあまりご迷惑をかけなかったと思います。

2015年12月30日

子育て4年目の通信簿

 早いもので今年も暮れようとしています。元旦で娘は4歳になりますので、子育てを始めてちょうど4年が経(た)つことになります。
 昨年の今頃は、1年後に家族が増えていることを想像していませんでした。今年一年の一番大きな出来事は第2子の妊娠出産でした。前回の妊娠同様、悪阻(つわり)と妊娠糖尿病以外は問題なく、出産もスムーズだったのですが、何よりしんどいと感じたのは、妊娠しながらの子育てです。

2015年12月23日

どうする? 子どもの長期休暇問題

 あっと言う間に今年もクリスマスが近づいてきましたね。今年はもう娘は「サンタクロースがプレゼントをくれるものだ」とはっきり認識しているため、クリスマスプレゼントの準備に余念がありません。欲しいものがコロコロ変わったので最終確認をするのが大変でしたが、何とか決めさせました。真剣に信じているのが何とも言えず可愛(かわい)いです。赤ちゃんは相変わらずおっぱい飲んでねんねの日々です。夜よりも昼間の方がよく寝るので、反転してくれると助かるのですが、贅沢(ぜいたく)な悩みですよね。

2015年12月16日

保育士不足対策、どうしてそっちへ行っちゃうの?

 出産からまもなく4週間経(た)ちます。1か月健診も問題ありませんでした。周りのみんなから「眠れなくて大変でしょう?」と心配されるのですが、意外に楽です。夜間に3回は泣き声で起こされますが、おむつを替えて授乳するとすんなり寝てくれるので、当直勤務よりもはるかに楽です。娘の時は、寝たと思ってもベッドに置いたら泣いたり、ゲップがなかなか出なくて泣き出したり、一度起きたらなかなか寝ませんでしたが、今回は心配になるくらいすんなり寝ます。

2015年12月9日

第2子出産のリポートです

 産後2週間あまりが過ぎました。体調もかなり回復してきまして、恥骨の痛みもおさまってきました。母乳がよく出ていることを差し引いても相変わらず赤ちゃんはよく寝る子でして、今のところ手がかからず、ゆっくりした産後を送っています。上の子の時は、お腹(なか)が減っては泣き、ゲップが出なくて泣き、オムツが汚れては泣き、寝たと思ってベッドに横たわらせると泣き、その他理由も分からず泣いていたので、赤ちゃんはそれぞれ性質が違うものだなあと実感しています。

最新のエントリ
その他ブログ
  • がん診療の誤解を解く 腫瘍内科医Dr.勝俣の視点

    抗がん剤治療の第一人者、腫瘍内科医の勝俣範之さんが、何かと誤解しがちながん治療情報をやさしく解説します。

  • 虹色百話~性的マイノリティーへの招待

    性的マイノリティーの老後問題に取り組むNPO法人の事務局長で、行政書士、ライターでもある著者が、性的マイノリティー(いわゆるLGBT等)にかかわるさまざまなテーマを、一生活者のゲイの視点からとらえ、語ります。

  • 性とパートナーシップ

    セックスレスや誰かとかけがえのない関係を築く「パートナーシップ」について、読者の皆さんと考えます。

  • 編集長インタビュー

    ヨミドクター編集長の岩永直子が、今、どうしても会いたい人にインタビューし、命や医療について考えます。

  • 予防医学研究者・石川善樹の『続けたくなる健康法』

    各国の健康づくりに関する研究や行動科学が専門の石川善樹さんが、健康づくり の具体的な取り組み方や、楽しく続けるコツなどを分かりやすく紹介します。

  • ボンジュール!パリからの健康便り

    フランス・パリ在住で医療通訳として活躍する古田深雪さんが、現地の健康事情、病院事情をわかりやすく紹介します。

  • いのちに優しく いまづ医師の漢方ブログ

    漢方医学はいま、がん治療など最先端の医療現場でも活用されています。外科医でありながら、現在は漢方クリニックの院長も務める今津嘉宏さんが、漢方の科学的背景や、どんな薬がどのように使われているのか、わかりやすく解説します。

  • オトコのコト 医師・小堀善友ブログ

    男だってカラダのコト、ココロのコト、たくさん悩んでいます。性の悩みから様々な健康問題まで、オトコのコトに正面から向き合う青年医師のブログです。

  • 宋美玄のママライフ実況中継

    産婦人科医として第一線で活躍する宋美玄さんが、初めての妊娠・出産体験で見えてきたことを報告します。

  • 日野原重明の100歳からの人生

    2011年に100歳を迎えた、聖路加国際病院名誉院長の日野原さんが長寿の秘訣について語ります。

  • 医療部発

    連載記事の反響や紙面に書ききれなかった思いを医療部の記者がつづります。

プロフィル
写真
宋 美玄(そん・みひょん)
 
産婦人科医、性科学者。
1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら
 
このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)について、詳しくはこちら
最新エントリ
最新コメント
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
バックナンバー
本文ここまで
このサイトの使い方

ニュースなどはどなたでもご覧になれますが、医療大全や病院の実力、会員限定 マークのついたコーナーは有料会員対象です。

読売デジタルサービス

読売新聞では、ヨミドクターに加え、様々なデジタルサービスを用意しています。ご利用には読売IDが必要です。

頼れる病院検索

大学病院や、地域の診療所、人間ドックや婦人科検診など。あなたの街の頼れる病院や関連情報の特集を調べられます。

記事パックダウンロード販売

記事パックダウンロード販売サービスは2016年1月29日をもって終了いたしました。

プレゼント&アンケート

本「発達障害の自分の育て方」3名様

yomiDr.記事アーカイブ

過去のコラムやブログなどの記事が一覧できます。

読売新聞からのお知らせ

イベントや読売新聞の本の情報などをご紹介します。

子育て応援団
ヨミドクター Facebook
お役立ちリンク集

すぐに使えるリンクを集めました。医療、健康、シニアの各ジャンルに分けて紹介しています。

発言小町「心や体の悩み」

人気の女性向け掲示板「発言小町」の中で、心や体の悩みなど健康について語り合うコーナー。話題のトピは?


 ・生理前のイライラについて

 ・食欲が落ちない中年女性(悲)

薬の検索Powered by QLifeお薬検索

お薬の製品名やメーカー名、疾患名、薬剤自体に記載されている記号等から探す事が出来ます。
⇒検索のヒント

yomiDr.法人サービスのご案内

企業や病院内でも「yomiDr.(ヨミドクター)」をご利用いただけます。

yomiDr.広告ガイド
共通コンテンツここまで