宋美玄のママライフ実況中継

産婦人科医として第一線で活躍する宋美玄さんが、初めての妊娠・出産体験で見えてきたことを報告します。

2015年5月20日

飛行機での出産、おめでたいだけではありません! 新着

 幼稚園に慣れてきた娘ですが、今のところ、まだすんなりとは登園せず、門の外で園児たちを迎えられている園長先生が見える直前まで抱っこし、園に着いてからも植わっているイチゴやブルーベリーを観察したり色々と遠回りしたりしてから教室に入って行きます。私と別れてしまえば気持ちを切り替えているようなのですが、もうちょっとスッキリ登園してくれたら私の気持ちも楽なのですが……。

2015年5月13日

キャサリン妃は特別です 産後の安静、日本の伝統が一番!

 ゴールデンウィークからこの方、近場で娘と時間を過ごすことに労力を費やしています。涼しくて日陰がある時間を選んで近所の公園に行き、砂場やボールで遊び、自宅の猫の額より小さいバルコニーで水遊び。娘のパワーは底知れないので、幼稚園の集団生活で日々発散してくれることを、切に切に願います。 

 前回の「三つ子胎児の障害で病院過失認める判決、周産期医療に衝撃」という記事にたくさんのコメントをありがとうございました。報道だけでは分からないことが多いので、裁判について記事を書く時には判決文を読んでから書いていますが、知人がさらに詳しく記事にしていますので、興味のある方はそちらも読んでいただけると、単に医者の立場でものを言っているのではないことがお分かりいただけると思います。

2015年4月29日

三つ子胎児の障害で病院過失認める判決、周産期医療に衝撃

 先週は諸事情によりブログを更新できず申し訳ありませんでした。
 娘は幼稚園にすっかり慣れたようで毎日泥んこになって帰ってきます。園庭には大きな鯉(こい)のぼりがあり、毎日抱っこで鯉のぼりにタッチしています。先日少し遅ればせながら3歳児健診に行った際に量った体重が14キロを超えていて、これ以上大きくなるともう抱っこは難しくなってくるので、なるべくたくさん抱っこしてあげようと思います。

2015年4月15日

受けたくても受けられない?ハードル高い新型出生前検査

 先週娘の幼稚園の入園式がありました。花壇に色とりどりのお花が咲いていて、大きな木がたくさん生えた素敵(すてき)な幼稚園です。娘は知らない子供たちがたくさんいるので戸惑っていましたが、これから楽しい生活が始まるといいなと思います。入園式の日はとても寒く、すっかり風邪を引いてしまって咳(せき)がなかなか止まらず、体力を消耗しています。そんな中でも全く腹圧性尿失禁が無いので、ガスケアプローチってすごいなと実感しています。

2015年4月8日

衝撃!「自然出産」行政が推進…命に関わるリスクも

 すっかり暖かくなり、日差しも強くなってきました。娘は公園をエンドレスで走り回るのが好きで、私はオオカミの役をさせられ、息も絶え絶えです。これからやってくる暑い季節を思うと憂鬱(ゆううつ)ですが、のびのび遊んでいる子どもを見ると「健全でいいなあ」と癒やされます。
 さて、こちらで取り上げるたびに反響が大変大きい「自然出産」の吉村医院ですが(死は悪いことではない!?「自然出産」に違和感、「真実のお産」で本当の女に!?私はごめんです、吉村医院の「自然出産」、メディア受けする理由)、吉村正院長が高齢で引退されたこともこちらでお伝えしました。

2015年4月1日

「できる」けれど「やっていい」のか…生殖医療の選択肢

 あっという間に桜が満開になりました。春の花が咲いて、娘はチューリップ、タンポポ、さくらなどの花の名前を覚えて、見つけると教えてくれます。家族で行ったお花見では、桜よりも足元のドングリやスミレの花のほうに興味を持っていました。
 先日、とても面白い本をいただきました。「卵子探しています 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて」(宮下洋一著・小学館)という本です。ジャーナリストである著者がスペイン、フランス、日本、アメリカ、タイ、スウェーデンの6か国で生殖医療を受ける日本人と医療機関を取材したノンフィクション作品です。こちらのブログでは生殖医療や出生前検査、少子化問題について度々取り上げていますが、日本国内での制度や議論が、他の国々と比べるとかなり特殊であることがよく分かりました。

2015年3月25日

産後クライシス…夫婦仲が急激悪化

 東京でも桜が開花し、春がやってきました。娘は早速、桜の花の名前を覚え、街で桜の木を見かけると一緒に写真を撮りたがります。娘の写真が綺麗(きれい)に撮れるようiPhone6Plusに買い替えようかと思っているのですが、親バカでしょうか。親バカですね。
 先週、タレントのスザンヌさんと野球解説者の斉藤和巳さんの離婚が発表され、スザンヌさんが会見で、子どもが生まれてから夫より子ども優先になったことも原因かもしれないという主旨のことを話されたことから、「産後クライシス」が注目を集めています。

2015年3月18日

川崎中1殺害、なぜ「自己責任論」で被害者の母を非難

 すっかり春めいてきましたね。花粉がたくさん飛んでいるようなので、娘には花粉症予防のためマスクをつけてほしいのですが、嫌がってすぐに外してしまいます。また、日差しがとても強いため、顔にベビー用のUVカットクリームを塗るのですが、保育園に着くとママと離れるのを嫌がって涙でクリームを流し去ってしまいます。地球環境とうまくやっていくための親心が効力を発揮するのはいつごろになるのでしょうか…。

2015年3月11日

トンデモ健康ビジネス、弱っている時ほど気をつけて!

 東日本大震災から今日で丸4年になります。まだまだ不自由な生活をされている方や、以前住んでいた場所に戻れずにいる方も多くいらっしゃると思いますが、スーパーに東北の野菜などが並んでいるのを見ると、以前のように「東北を応援したい」という気持ちから東北産のものを食べるのではなく、本来あるべき淡々とした姿に戻りつつあるのかなあと感じます。風化させることのないように、これからも被災地の復興に関心を持っていきたいです。

2015年3月4日

自傷行為の理由、関係ないと思っている人も理解を

 昨日は娘の桃の節句で、家族でお祝いをしました。ちらし寿司(ずし)を食べて顔にじんましんがいっぱいできて大変だったのですが、イクラか生サーモンにアレルギーだったようです。昨年に比べて「ひな祭り」とは何かということを少しは認識できているようですが、扇やしゃくを、おひな様たちから奪い取ってしまったり、飾ってあるひし餅をつんつん触ったりしてなかなか気が抜けません。おひな様たちとは来年までお別れですが、その時の成長がとても楽しみです。

最新のエントリ
その他ブログ
プロフィール
写真
宋 美玄(そん・みひょん)
産婦人科医、性科学者。
 
1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら
 
このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)について、詳しくはこちら
最新エントリ
最新コメント
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー
本文ここまで
このサイトの使い方

ニュースなどはどなたでもご覧になれますが、医療大全や病院の実力、会員限定 マークのついたコーナーは有料会員対象です。

読売デジタルサービス

読売新聞では、ヨミドクターに加え、様々なデジタルサービスを用意しています。ご利用には読売IDが必要です。

頼れる病院検索

大学病院や、地域の診療所、人間ドックや婦人科検診など。あなたの街の頼れる病院や関連情報の特集を調べられます。

プレゼント&アンケート

本「ジャーとホーロー容器でかんたん作りおき」3名様


yomiDr.記事アーカイブ

過去のコラムやブログなどの記事が一覧できます。

読売新聞からのお知らせ

イベントや読売新聞の本の情報などをご紹介します。

子育て応援団
ヨミドクター Facebook
お役立ちリンク集

すぐに使えるリンクを集めました。医療、健康、シニアの各ジャンルに分けて紹介しています。

発言小町「心や体の悩み」

人気の女性向け掲示板「発言小町」の中で、心や体の悩みなど健康について語り合うコーナー。話題のトピは?


 ・生理前のイライラについて

 ・食欲が落ちない中年女性(悲)

薬の検索Powered by QLifeお薬検索

お薬の製品名やメーカー名、疾患名、薬剤自体に記載されている記号等から探す事が出来ます。
⇒検索のヒント

yomiDr.法人サービスのご案内

企業や病院内でも「yomiDr.(ヨミドクター)」をご利用いただけます。

yomiDr.広告ガイド

患者さんから医療従事者、介護施設関係者まで情報を発信する「yomiDr.」に広告を出稿しませんか。

共通コンテンツここまで