宋美玄のママライフ実況中継

産婦人科医として第一線で活躍する宋美玄さんが、初めての妊娠・出産体験で見えてきたことを報告します。

2015年3月25日

産後クライシス…夫婦仲が急激悪化 新着

 東京でも桜が開花し、春がやってきました。娘は早速、桜の花の名前を覚え、街で桜の木を見かけると一緒に写真を撮りたがります。娘の写真が綺麗(きれい)に撮れるようiPhone6Plusに買い替えようかと思っているのですが、親バカでしょうか。親バカですね。
 先週、タレントのスザンヌさんと野球解説者の斉藤和巳さんの離婚が発表され、スザンヌさんが会見で、子どもが生まれてから夫より子ども優先になったことも原因かもしれないという主旨のことを話されたことから、「産後クライシス」が注目を集めています。

2015年3月18日

川崎中1殺害、なぜ「自己責任論」で被害者の母を非難

 すっかり春めいてきましたね。花粉がたくさん飛んでいるようなので、娘には花粉症予防のためマスクをつけてほしいのですが、嫌がってすぐに外してしまいます。また、日差しがとても強いため、顔にベビー用のUVカットクリームを塗るのですが、保育園に着くとママと離れるのを嫌がって涙でクリームを流し去ってしまいます。地球環境とうまくやっていくための親心が効力を発揮するのはいつごろになるのでしょうか…。

2015年3月11日

トンデモ健康ビジネス、弱っている時ほど気をつけて!

 東日本大震災から今日で丸4年になります。まだまだ不自由な生活をされている方や、以前住んでいた場所に戻れずにいる方も多くいらっしゃると思いますが、スーパーに東北の野菜などが並んでいるのを見ると、以前のように「東北を応援したい」という気持ちから東北産のものを食べるのではなく、本来あるべき淡々とした姿に戻りつつあるのかなあと感じます。風化させることのないように、これからも被災地の復興に関心を持っていきたいです。

2015年3月4日

自傷行為の理由、関係ないと思っている人も理解を

 昨日は娘の桃の節句で、家族でお祝いをしました。ちらし寿司(ずし)を食べて顔にじんましんがいっぱいできて大変だったのですが、イクラか生サーモンにアレルギーだったようです。昨年に比べて「ひな祭り」とは何かということを少しは認識できているようですが、扇やしゃくを、おひな様たちから奪い取ってしまったり、飾ってあるひし餅をつんつん触ったりしてなかなか気が抜けません。おひな様たちとは来年までお別れですが、その時の成長がとても楽しみです。

2015年2月25日

3歳を過ぎて…ついに自然卒乳?

 先日、ようやく日本脳炎の1回目を打ってきました。生まれたての頃は生後2か月になるのを待ってすぐにワクチンを打ちに行ったのに、3歳になったら受けられる日本脳炎を受けたのは誕生日から2か月が経過しようとしてからでした。忙しいとだめですね。小児科医院に入るなり泣いていた娘ですが、残念ながら来月もう一度打たなくてはいけません。

2015年2月18日

妊婦の身体能力を最大限引き出す…ガスケアプローチとは?

 先週はバレンタインデーでしたね。娘は保育園でチョコレートを作ってパパにあげていましたが、チョコレート好きなので製作途中でぺろぺろなめたりしていたそうです。チョコレートは美味(おい)しいですが、家にチョコレートがあるのが分かると娘がとても欲しがるので、コントロールが難しいです。
 こちらで何度かご紹介しているフランス発の呼吸と姿勢とペリネ(骨盤底筋群)の身体メソッド、ガスケアプローチの日本支部を設立いたしました。「一般社団法人日本ガスケアプローチ協会」という団体で、私が代表理事を務めております。ガスケアプローチを一言で説明するのは難しいのですが、フランス人医師ベルナデット・ド・ガスケ医師によって確立された、姿勢と呼吸からグローバルにペリネ(骨盤底筋群)に働きかける身体的アプローチです。ペリネは、骨盤の底にある筋肉のガードルのようなもので、日本でも近年ペリネに対する関心が高まってきています。女性の場合、ペリネには尿道・膣(ちつ)・肛門の3つの穴が開いています。腹圧が高まり上から過度の圧力が加わると、骨盤内にある臓器が下に向かって押し出される形になるだけでなく、ペリネそのものにもダメージを与えることになります。ひいては尿漏れ、ガス・便漏れ、子宮脱、女性性機能への悪影響といった問題を引き起こすことになります。

2015年2月11日

卵子凍結に公費助成…浦安市の決断に驚き

 相変わらず寒い日が続きますがインフルエンザの流行は少し落ち着いてきているみたいですね。週末に娘を東京ディズニーランドホテルのプリンセスに仮装できるブティックに連れて行きました。普段は産毛のような髪で、おかっぱ以上に伸びない娘ですが、おさげのつけ毛をしてもらってすっかりお姉さん風のエルサになりました。ディズニーランドホテルにはプリンセスの格好をした小さな女の子がたくさんいて、なんとも不思議でほほえましい空間でした。

2015年2月4日

産婦人科、受診のハードル下げるために…

 寒い日が続きますね。保育園では嘔吐(おうと)が流行(はや)っているようで、私の当直朝に娘が布団とソファで嘔吐し、夫は朝からてんやわんやだったそうです。私も昼休みに洗濯物を干すために自宅にトンボ返り。健康は尊いです。
 日本産科婦人科学会からマスコットキャラクターを募集するというメールが来ました。「産婦人科の親しみやすいイメージ定着のため」キャラを作ることになったようです。学会員からアイデアを募集し、採用者には高額ではありませんが賞金も出るということです。賞金欲しさというわけではありませんが、こういうのは大好きなのでいろいろと考えてみました。真っ先に思いついたのは、内診などで膣(ちつ)を広げる時に使うクスコ式膣鏡がクチバシになった鳥だったのですが、怖すぎますね。

2015年1月28日

「不妊」について…高校生に教えること

 1年で1番寒い季節となりました。休日も寒くて家に閉じこもりがちで運動不足の娘は、家の中にあるジャングルジムと鉄棒で活発に遊んでいます。もう少し家が広ければよかったのですが、3歳にしてすでに窮屈になってきてなんだか不憫(ふびん)です。

 先日、高校生の保健体育の副読本に「不妊」について記載されるようになることが決まったという報道を目にしました。日テレNEWS24によると、「今回から初めて不妊に関する知識も記載する方針が決まった。高齢出産の場合、染色体異常の確率が上がるリスクがあることや、年齢が上がると妊娠しづらくなることなども記載される方針だという」とのことです。

2015年1月21日

子供の声は騒音? 「親の怠慢」という意見もあるが…

 先週の1月17日土曜日で、阪神淡路大震災からまる20年が経(た)ちました。私は神戸市東灘区の自宅で被災しましたが、特に節目の年だからと言って特別の感慨はなく、ただただ復興を祝い鎮魂を祈るのみです。震災を知らない世代が大人になって行く中、節目の年としてテレビで特集などが組まれ、震災を思い出したり知ったりするきっかけになってくれたならよかったと思います。

最新のエントリ
その他ブログ
  • いい湯で健康 温泉と自然療法

    温泉医学の専門家で内科医の大塚吉則・北海道大学教授が、気軽に取り組める健康法についての情報を提供します。

  • ボンジュール!パリからの健康便り

    フランス・パリ在住で医療通訳として活躍する古田深雪さんが、現地の健康事情、病院事情をわかりやすく紹介します。

  • いのちに優しく いまづ医師の漢方ブログ

    漢方医学はいま、がん治療など最先端の医療現場でも活用されています。外科医でありながら、現在は漢方クリニックの院長も務める今津嘉宏さんが、漢方の科学的背景や、どんな薬がどのように使われているのか、わかりやすく解説します。

  • オトコのコト 医師・小堀善友ブログ

    男だってカラダのコト、ココロのコト、たくさん悩んでいます。性の悩みから様々な健康問題まで、オトコのコトに正面から向き合う青年医師のブログです。

  • 宋美玄のママライフ実況中継

    産婦人科医として第一線で活躍する宋美玄さんが、初めての妊娠・出産体験で見えてきたことを報告します。

  • 日野原重明の100歳からの人生

    2011年に100歳を迎えた、聖路加国際病院理事長の日野原さんが長寿の秘訣について語ります。

  • 石井苗子の健康術

    女優の石井苗子さんが、様々なジャンルで働く人の健康術を紹介します。

  • 医療部発

    連載記事の反響や紙面に書ききれなかった思いを医療部の記者がつづります。

プロフィール
写真
宋 美玄(そん・みひょん)
産婦人科医、性科学者。
 
1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら
 
このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)について、詳しくはこちら
最新エントリ
最新コメント
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
バックナンバー
本文ここまで
このサイトの使い方

ニュースなどはどなたでもご覧になれますが、医療大全や病院の実力、会員限定 マークのついたコーナーは有料会員対象です。

読売デジタルサービス

読売新聞では、ヨミドクターに加え、様々なデジタルサービスを用意しています。ご利用には読売IDが必要です。

頼れる病院検索

地域や診療科目、病名など気になる言葉で検索。あなたの街の頼れる病院や関連情報の特集を調べられます。

プレゼント&アンケート

本「60歳からのボケないための脳力テスト」3名様


yomiDr.記事アーカイブ

過去のコラムやブログなどの記事が一覧できます。

読売新聞からのお知らせ

イベントや読売新聞の本の情報などをご紹介します。

子育て応援団
ヨミドクター Facebook
お役立ちリンク集

すぐに使えるリンクを集めました。医療、健康、シニアの各ジャンルに分けて紹介しています。

発言小町「心や体の悩み」

人気の女性向け掲示板「発言小町」の中で、心や体の悩みなど健康について語り合うコーナー。話題のトピは?


 ・生理前のイライラについて

 ・食欲が落ちない中年女性(悲)

薬の検索Powered by QLifeお薬検索

お薬の製品名やメーカー名、疾患名、薬剤自体に記載されている記号等から探す事が出来ます。
⇒検索のヒント

yomiDr.法人サービスのご案内

企業や病院内でも「yomiDr.(ヨミドクター)」をご利用いただけます。

yomiDr.広告ガイド

患者さんから医療従事者、介護施設関係者まで情報を発信する「yomiDr.」に広告を出稿しませんか。

共通コンテンツここまで