宋美玄のママライフ実況中継

産婦人科医として第一線で活躍する宋美玄さんが、初めての妊娠・出産体験で見えてきたことを報告します。

2015年8月26日

ネットで炎上 妊娠しやすい年齢の知識、教えちゃだめ? 新着

 先週末で妊娠25週に入りました。お腹(なか)が大きく目立ってきて、赤ちゃんが大きめじゃないのか心配されることもありますが(妊娠糖尿病だと羊水が多くなったり、赤ちゃんが大きくなりすぎたりすることが心配されるのです)、先週受けた超音波検査で大きさはちょうど平均で羊水量も正常でした。でも体重がまだ1.5キロしか増えておらず、お腹以外の部分が痩せてきて、体力も落ちてきた気がします。炭水化物をいっぺんにたくさん摂(と)らないように気をつけ、他の栄養素で補っているつもりなのですが足りていないことも多かったり、それほど食に執着のない娘に食べさせるのに忙しくて自分の食事がおろそかになったりしているのだと思います。もっと食べなくては乗り切れません…。

2015年8月19日

芸能人の妊娠・出産ブログ、怪しい健康情報も…

 お盆休みが終わりました。先週は娘の幼稚園の夏期保育がお休みだったので母に来てもらっていたのですが、暑すぎて昼間はあまり出かけられず、娘は狭い家の中でぐるぐる走り回った挙げ句に吐くというようなことを繰り返していました。妹と甥(おい)っ子たちが3日間遊びにきてくれて、パワーを持て余していた娘は大喜びで一緒に遊んでいましたが、帰ってしまう時に大号泣して大変でした。今週からはまた元気に幼稚園に行っています。

2015年8月12日

祝『コウノドリ』ドラマ化!主演はなんと綾野剛さん

 相変わらず暑い日が続きますが、みなさま体調など大丈夫でしょうか。今週はお盆休みで幼稚園の夏期預かり保育がないため、実家の母にきてもらっています。母がくると娘はお風呂に入るのも寝るのも母と一緒になるので、私はちょっとさみしいです。
 私の第2子妊娠生活は23週目を迎えていますが、お腹(なか)の子は毎日動きまくっています。だいぶ見た目にも妊婦らしくなってきました。子育てと仕事でそれなりにアクティブに過ごしていますが、妊婦健診では特に切迫早産の徴候は認められず、順調に経過しています。

2015年8月5日

手を尽くしても逮捕、甘く見たのに罰金…産科医療巡る処罰に「差」

 毎日暑くて熱中症対策が大変ですね。昼間の暑い時間はなるべく家の中で過ごしていますが、夕方の5時でもまだまだ暑いので外で遊ぶというのは難しい季節です。バス停で3分待っているだけでも子供は汗だくになりますね。娘は牛乳と麦茶ばかり飲んでいます。
先日の報道です。
助産師に罰金50万円
 相模原市南区の「のぞみ助産院」で2013年、出産後に大量出血した女性が救急搬送の遅れから死亡した問題で、神奈川県警が業務上過失致死容疑で書類送検した女性助産師(69)について、横浜区検は29日、同罪で横浜簡裁に略式起訴した。簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出した。助産院と助産師は医療法違反容疑でも書類送検されたが、同容疑については不起訴となった。起訴状によると、助産師は13年4月27日夜、女性(当時33歳)が出産後に大量出血したのを確認したが、すぐに医療機関で治療を受けさせるなどの対応を怠り、翌28日に搬送先の病院で死亡させたとされる。

2015年7月29日

匿名第三者の卵子提供、「15歳で出自を知る権利」は画期的

 相変わらず猛烈に暑い日々が続いていますね。私は幸いにもつわりが終わっているのでダブルパンチにはなっていませんが、暑い中、抱っこひもで赤ちゃんと密着されている方や、つわりなどでもともと体調があまりよくない方にはとてもつらい季節ですよね。娘はちょっと走り回っただけで汗だくになっており、牛乳と麦茶の消費が激しいです。首の後ろに汗疹(あせも)ができてせっせと薬を塗っていますが、乳児の頃にくらべると夢のように軽いです。夏のスキンケアも重要ですね。

2015年7月22日

「へその緒 家族が切りたいですか? 母子の安全が第一です」

 梅雨が明けて猛烈な暑さがやってきましたね。先日、台風11号が西日本に近づく中、神戸に帰省し、関西ライフをエンジョイしています。娘はいとこのお兄ちゃんたちとの再会をとても喜んでおり、実家で走り回ったり、山へ虫取りに行ったりして、体力の全てを毎日使い果たしています。
 さて、先日の読売新聞の記事です。
 出産後に、夫ら家族が記念にさい帯(へその緒)を切る行為が広まっていることを受け、日本産婦人科医会は、「医師と助産師以外が行うことは違法となりかねず、推奨しない」とする見解をまとめた。近く会員の産婦人科医に周知する。

2015年7月15日

「偽母乳」だけでない…母乳を巡る虚言・迷信

 梅雨空の日々から猛暑のシーズンに変わりましたね。娘の幼稚園ではプール開きをしたきり、ほとんど入れていない日々が続いていましたが、今週はプールに入れているようです。真昼は日差しが強くて暑すぎるので、これからの季節は出歩きにくくなりますね。大人も子供も熱中症にお気をつけください。
 さて、先月より、不衛生な「偽母乳」がネット販売されていたことが問題になっていますね。食品を作って売る場合には保健所の許可が必要になりますし、血液や臓器の売買は禁止されているのに、「母乳」が無許可で販売されていることには驚かされました。日本で初めての母乳バンクが、早産児の感染症予防などを目的に昭和大学小児内科教授の水野克己先生によって作られましたが、提供者は血液検査で感染症がないことを確認した上で無償で母乳を提供します。母乳は低温殺菌された上で、細菌が繁殖していないか検査されるというシステムになっており、母乳というものが非常に厳重に管理されています。母乳がやりとりされる場合は適切に行われるよう、行政が基準を設けたり規制したりする必要があるのではないでしょうか。

2015年7月8日

「3歳児神話」…その思い込みが出生率低下に

 7月に入り、娘は3歳6か月になりました。幼稚園では男の子のお友達のほうが多いみたいで、家でも手裏剣ごっこや鉄砲ごっこをしています。言葉遣いも男の子の影響を受けているような気がします。一応プリキュアがどうのこうのと言っていますので、女の子とも遊んでいるようです。
 先週は、所沢の第2子育休中に第1子が退園させられることについての記事にたくさんの反響をありがとうございました。いろいろとご意見があるかとは思うのですが、このブログでは「どうすれば産みたい人が一人でも多く子どもを産むことができるか」という視点で考えたいと思います。

2015年7月1日

「2歳まではお母さんと一緒にいたい…」市長発言、根拠なし! 所沢保育園問題

 妊娠17週に入りました。5か月に入ったら血糖測定を自主的に始めようと思いながらも、忙しさに流されて、分割食(炭水化物をいっぺんに摂取せず、6回に分けて摂(と)る方法)だけ行っています。娘は、幼稚園で「妹か弟がいる人?」ときかれて、赤ちゃんが生まれてくることを先生に言ったそうです。今のところ楽しみにしてくれているのでありがたいです。

2015年6月24日

家計や年齢、心配でも…「二人目の壁」克服!

 先週末より妊娠16週、妊娠5か月目に入りました。つわりもほとんど終わり、苦行だった朝の娘のお弁当作りもスムーズになりました。世間的には「安定期」と呼ばれる時期ですが、1分後に何が起こるか分からないのが妊娠生活なので、引き続きアクティブになり過ぎず過ごしたいと思います。
 さて、先日結婚・妊娠・出産・子育て支援に関する情報提供などを行っている一般財団法人「ワンモアベビー応援団」(森まさこ・前少子化担当大臣が理事長で、私も評議員として加わっております)が、結婚14年以下の男女計約3000人に実施した「夫婦の出産意識調査2015」を発表しました。それによれば、71.8%の人が2人以上の子供が欲しいと考えているのに対し、1人子供を持っている人のうち86.9%が、必要となる生活費や教育費に関連した家計の見通しや、仕事等の環境、年齢等を考慮し、第2子以後の出産をためらう「2人目の壁」を感じているとの結果でした。

最新のエントリ
その他ブログ
  • 虹色百話~性的マイノリティーへの招待

    性的マイノリティーの老後問題に取り組むNPO法人の事務局長で、行政書士、ライターでもある著者が、性的マイノリティー(いわゆるLGBT等)にかかわるさまざまなテーマを、一生活者のゲイの視点からとらえ、語ります。

  • 性とパートナーシップ

    セックスレスや誰かとかけがえのない関係を築く「パートナーシップ」について、読者の皆さんと考えます。

  • 編集長インタビュー

    ヨミドクター編集長の岩永直子が、今、どうしても会いたい人にインタビューし、命や医療について考えます。

  • 予防医学研究者・石川善樹の『続けたくなる健康法』

    各国の健康づくりに関する研究や行動科学が専門の石川善樹さんが、健康づくり の具体的な取り組み方や、楽しく続けるコツなどを分かりやすく紹介します。

  • ボンジュール!パリからの健康便り

    フランス・パリ在住で医療通訳として活躍する古田深雪さんが、現地の健康事情、病院事情をわかりやすく紹介します。

  • いのちに優しく いまづ医師の漢方ブログ

    漢方医学はいま、がん治療など最先端の医療現場でも活用されています。外科医でありながら、現在は漢方クリニックの院長も務める今津嘉宏さんが、漢方の科学的背景や、どんな薬がどのように使われているのか、わかりやすく解説します。

  • オトコのコト 医師・小堀善友ブログ

    男だってカラダのコト、ココロのコト、たくさん悩んでいます。性の悩みから様々な健康問題まで、オトコのコトに正面から向き合う青年医師のブログです。

  • 宋美玄のママライフ実況中継

    産婦人科医として第一線で活躍する宋美玄さんが、初めての妊娠・出産体験で見えてきたことを報告します。

  • 日野原重明の100歳からの人生

    2011年に100歳を迎えた、聖路加国際病院名誉院長の日野原さんが長寿の秘訣について語ります。

  • 医療部発

    連載記事の反響や紙面に書ききれなかった思いを医療部の記者がつづります。

プロフィル
写真
宋 美玄(そん・みひょん)
 
産婦人科医、性科学者。
1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら
 
このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)について、詳しくはこちら
最新エントリ
最新コメント
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
バックナンバー
本文ここまで
このサイトの使い方

ニュースなどはどなたでもご覧になれますが、医療大全や病院の実力、会員限定 マークのついたコーナーは有料会員対象です。

読売デジタルサービス

読売新聞では、ヨミドクターに加え、様々なデジタルサービスを用意しています。ご利用には読売IDが必要です。

頼れる病院検索

大学病院や、地域の診療所、人間ドックや婦人科検診など。あなたの街の頼れる病院や関連情報の特集を調べられます。

プレゼント&アンケート

本「焼きヨーグルトレシピ」5名様

 

【有料会員限定】健康グッズ「枕」のモニター募集


yomiDr.記事アーカイブ

過去のコラムやブログなどの記事が一覧できます。

読売新聞からのお知らせ

イベントや読売新聞の本の情報などをご紹介します。

子育て応援団
ヨミドクター Facebook
お役立ちリンク集

すぐに使えるリンクを集めました。医療、健康、シニアの各ジャンルに分けて紹介しています。

発言小町「心や体の悩み」

人気の女性向け掲示板「発言小町」の中で、心や体の悩みなど健康について語り合うコーナー。話題のトピは?


 ・生理前のイライラについて

 ・食欲が落ちない中年女性(悲)

薬の検索Powered by QLifeお薬検索

お薬の製品名やメーカー名、疾患名、薬剤自体に記載されている記号等から探す事が出来ます。
⇒検索のヒント

yomiDr.法人サービスのご案内

企業や病院内でも「yomiDr.(ヨミドクター)」をご利用いただけます。

yomiDr.広告ガイド

患者さんから医療従事者、介護施設関係者まで情報を発信する「yomiDr.」に広告を出稿しませんか。

共通コンテンツここまで