医療相談室

Question

息子の舌小帯切るべきか

 9歳の息子が舌小帯(ぜっしょうたい)短縮症です。かかりつけの病院で、このままだと発音に変な癖がつくので、舌小帯を切ったほうがいいと言われました。切らないほうがいいという意見もあり、悩んでいます。(埼玉・42歳母)

Answer

発音障害あれば手術検討を

 舌小帯は、舌の下面から下顎(あご)の内側にのびて、舌と下顎をつないでいる薄い“ひだ”のことをさします。新生児の舌小帯は比較的舌の先端近くにまで付いており、少し厚みもありますが、成長と共に先端から少しずつ後退し、厚みも薄くなってきます。

 このような変化が少ないなど、何らかの理由で舌小帯が舌の先端近くにも付いている場合は、舌の動きが制限され、先端を持ち上げたり、横にずらしたりすることがしにくくなるなどの運動障害が発生します。このような状態を舌小帯短縮症と呼び、重症で高度な運動障害を伴うものを舌小帯強直症と呼んでいます。

 子どもの発育期に舌の運動障害があると、発音の発達(構音習得)への影響が心配されます。一般的に発音の発達は5歳ごろまでに完了するとされているので、舌小帯短縮症で発音障害がある場合や、将来、発音障害になることが予測される場合には、4、5歳までに舌小帯の一部を切開する舌小帯切離術を行います。

 この手術は比較的簡単なものなので、4歳を超えれば、ほとんどの子どもは外来で局所麻酔を用いて実施が可能です。

 このお子さんは9歳ですので、発音の発達は完了していると考えられます。将来への心配というより、発音障害があるかによって手術の要否を判断するのが良いと思います。発音障害がある場合には、舌小帯切離術を実施するとともに、術後に舌の運動訓練と言語療法士による発音訓練を受けることをお勧めします。 

 高木裕三 東京医科歯科大・小児歯科教授(東京・御茶ノ水)

2007年9月30日 読売新聞)

相談する

 ・相談 : 常時、受け付けています。

 ※相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

本文ここまで
このサイトの使い方

ニュースなどはどなたでもご覧になれますが、医療大全や病院の実力、マークのついたコーナーは有料会員対象です。

読売デジタルサービス

読売新聞では、ヨミドクターに加え、様々なデジタルサービスを用意しています。ご利用には読売IDが必要です。

頼れる病院検索

地域や診療科目、病名など気になる言葉で検索。あなたの街の頼れる病院や関連情報の特集を調べられます。

プレゼント&アンケート


「脳の疲れをとる本」5名様にプレゼントします。


yomiDr.記事アーカイブ

過去のコラムやブログなどの記事が一覧できます。

読売新聞からのお知らせ

イベントや読売新聞の本の情報などをご紹介します。

子育て応援団
ヨミドクター Facebook
お役立ちリンク集

すぐに使えるリンクを集めました。医療、健康、シニアの各ジャンルに分けて紹介しています。

発言小町「心や体の悩み」

人気の女性向け掲示板「発言小町」の中で、心や体の悩みなど健康について語り合うコーナー。話題のトピは?


 ・生理前のイライラについて

 ・食欲が落ちない中年女性(悲)

薬の検索Powered by QLifeお薬検索

お薬の製品名やメーカー名、疾患名、薬剤自体に記載されている記号等から探す事が出来ます。
⇒検索のヒント

yomiDr.法人サービスのご案内

企業や病院内でも「yomiDr.(ヨミドクター)」をご利用いただけます。

yomiDr.広告ガイド

患者さんから医療従事者、介護施設関係者まで情報を発信する「yomiDr.」に広告を出稿しませんか。

共通コンテンツここまで