日野原重明の100歳からの人生

2011年1月5日

急死を招く病気… 急性心筋梗塞と大動脈破裂

 前回はピンころりについて、年をとれば長患いで介護されることなく、ころりと死にたい高齢者の増えていることに触れたが、今回はどんな病気があれば急死するかについて書いてみようと思う。

 私は長年、聖路加国際病院で働いてきたが、救急車で担ぎ込まれた時には、心臓が停止していて、いくら蘇生術を行っても、いのちを取り返すことのできないケースを数多く経験した。

 今まで元気で普通に生活していた人が、急に胸苦しくなり、意識がなくなり、救急車がかけつけた時、すでに心停止している例はよくあることで、その原因には二つある。

 一つは急性心筋梗塞、もう一つは大動脈の破裂によるものである。

 心筋梗塞という病気は、心臓を養っている三本の動脈、これを冠状動脈と言うが、この血管の動脈硬化が進んで、動脈の内腔が狭くなったところが、血栓で閉鎖すると、酸素を運ぶ血管の閉塞のために、心筋が壊死(えし)、即ち心筋が死んでしまい、そのため、心臓は拍動できなくなって心停止が起こり、それで人は急死するわけである。

 冠状動脈が動脈硬化によって、ただ内腔が狭くなっている程度であれば、坂を登ったり、重い荷物を背負って階段を昇ったりする時、急に胸部が苦しくなるのは、狭心症と呼んでいる。

 これは冠状動脈が閉塞しているのではないので、ニトログリセリン錠を口に含むと、胸痛が2~3分以内にとれて、急死することはない。

 狭心症は胸痛があり、心電図を撮っても心電図に異常はないが、心筋梗塞の場合は発作直後から心電図の曲線に異常所見が出るので、すぐ診断できる。

 心筋梗塞の程度が重いと、発作直後にも心停止することがあるので、心電図を撮る時間もなく、急死が起こる。

 このような重症な心筋梗塞発作を起こすと、糖尿病を持つ高齢者は痛みの感覚が若い人より鈍いので、当人は発作に気づかず、治療を受ける時間がないために、急死を招くわけである。

 以上の重症心筋梗塞のほかに、大動脈が破れて急死する病気に大動脈解離症または大動脈瘤破裂があり、これが起こると大出血のために急死に至るのである。

 平素、胸部や腹部の大動脈の異常をX線や超音波(エコー)の機器で診断されておれば、大動脈が破裂する前に血管外科手術で助けられるが、大動脈瘤があるという診断がつけられていない場合には、突然の急死が起こる訳である。

 以上の急病は急死を招く主な病気であるので、症状がなくても平素健診を受けることを強くお勧めしたい。

コメント

先生のお話が拝見できるのが嬉しいです
[happystar35]2011年1月8日

先生のことをホスピスのことを大学で学んだ時に知りました。

聖路加大学の看護師学科の編入も考えましたが、生物の勉強が難しく断念しました。結局、社会福祉士の資格を取りました。

でも、福祉には援助の制限があって、痰(たん)の吸引やバイタルチェックまで厳密にいうと出来ないので、やっぱり頑張って看護師の資格を取れば良かったなぁと思うことがあります。

今は35才の主婦していますが、先生のことは今もずっと尊敬しています。
岡崎市の病院がお呼びした昨年、先生の講演に応募しましたが、外れてしまい残念でした。

先生の難しい話は分かりやすいので読むことができます。
また、先生の5時間睡眠をまねて色々したいと思います。

でも本当に達人の域ですね。先生はやっぱりすごいです。

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。
 編集方針はこちら

コメント投稿

(必須)
※20字以内
    
(必須)
※20字以内
    
(必須)
※800字以内

    

<編集方針>

 投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。
 コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。
 次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • 当ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

 以上、あらかじめ、ご了承ください。

プロフィール
写真
日野原重明(ひのはら・しげあき)
誕生日:
1911年10月4日
聖路加国際病院理事長
詳しいプロフィールはこちら
 
日野原さんの講演会、有料会員にチケットプレゼント実施中
 
日野原さんが監修する「健康ダイヤルweb」はこちら
 
このブログが本になりました。詳しくはこちら
最新エントリ
最新コメント
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
バックナンバー
本文ここまで
このサイトの使い方

ニュースなどはどなたでもご覧になれますが、医療大全や病院の実力、 マークのついたコーナーは有料会員対象です。

読売デジタルサービス

読売新聞では、ヨミドクターに加え、様々なデジタルサービスを用意しています。ご利用には読売IDが必要です。

頼れる病院検索

地域や診療科目、病名など気になる言葉で検索。あなたの街の頼れる病院や関連情報の特集を調べられます。

プレゼント&アンケート

本「マッサン語録~」5名様


yomiDr.記事アーカイブ

過去のコラムやブログなどの記事が一覧できます。

読売新聞からのお知らせ

イベントや読売新聞の本の情報などをご紹介します。

子育て応援団
ヨミドクター Facebook
お役立ちリンク集

すぐに使えるリンクを集めました。医療、健康、シニアの各ジャンルに分けて紹介しています。

発言小町「心や体の悩み」

人気の女性向け掲示板「発言小町」の中で、心や体の悩みなど健康について語り合うコーナー。話題のトピは?


 ・生理前のイライラについて

 ・食欲が落ちない中年女性(悲)

薬の検索Powered by QLifeお薬検索

お薬の製品名やメーカー名、疾患名、薬剤自体に記載されている記号等から探す事が出来ます。
⇒検索のヒント

yomiDr.法人サービスのご案内

企業や病院内でも「yomiDr.(ヨミドクター)」をご利用いただけます。

yomiDr.広告ガイド

患者さんから医療従事者、介護施設関係者まで情報を発信する「yomiDr.」に広告を出稿しませんか。

共通コンテンツここまで