医療相談室

Question

超音波検査で肝血管腫の疑い

 人間ドックで受けた肝臓超音波検査で「肝血管腫(しゅ)が疑われる」という結果が出ました。初めて聞く病名です。どういう病気なのでしょうか。日常生活で注意することはあるのでしょうか。(39歳・女性)

Answer

良性の腫瘍、治療の必要なし 

 肝血管腫は、肝臓の中にできる良性腫瘍(しゅよう)で、良性腫瘍の中では最も頻繁にみられるものです。血液を充満させた海綿状の血管成分が「おでき(腫瘤(しゅりゅう))」のようになったもので、数ミリの小さいものから10センチを超える巨大血管腫として見つかることもあります。腫瘍とはいいますが、生まれつきのものも多く、本当の原因はわかっていません。

 ご相談にもあったように、血管腫は無症状で、人間ドックで初めて超音波検査などを行ったときに偶然発見される場合がほとんどです。

 超音波検査で発見される場合、典型的なものであれば「肝血管腫」と診断がつきますが、他の悪性腫瘍と区別するためにはCT(コンピューター断層撮影法)検査やMRI(磁気共鳴画像)検査を必要とする場合も多いです。

 肝血管腫は肝がんなどの悪性腫瘍と同じように、周りの肝臓よりも動脈血流が多いという特徴がありますが、形や血流の速さ、血管の構造に違いがあり、ほとんどの場合、これらの外来検査で見分けられます。

 肝がんのできやすいウイルス性肝炎や肝硬変にかかっている人であれば、腫瘍が良性の血管腫と考えられても、注意深く経過観察を行うこともあります。

 肝血管腫は良性であり、治療の必要はありません。ごくまれに、10センチ以上の大きさになって痛みや破裂を起こしたり、また血小板数が低下したりすることがあり、この場合には外科手術が必要になります。 

 池田健次 虎の門病院肝臓科部長(東京・虎ノ門)

2008年7月13日 読売新聞)

相談する

 ・相談 : 常時、受け付けています。

 ※相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

本文ここまで
このサイトの使い方

ニュースなどはどなたでもご覧になれますが、医療大全や病院の実力、マークのついたコーナーは有料会員対象です。

読売デジタルサービス

読売新聞では、ヨミドクターに加え、様々なデジタルサービスを用意しています。ご利用には読売IDが必要です。

頼れる病院検索

地域や診療科目、病名など気になる言葉で検索。あなたの街の頼れる病院や関連情報の特集を調べられます。

プレゼント&アンケート

「本みりんレシピ」3名様


yomiDr.記事アーカイブ

過去のコラムやブログなどの記事が一覧できます。

読売新聞からのお知らせ

イベントや読売新聞の本の情報などをご紹介します。

子育て応援団
ヨミドクター Facebook
お役立ちリンク集

すぐに使えるリンクを集めました。医療、健康、シニアの各ジャンルに分けて紹介しています。

発言小町「心や体の悩み」

人気の女性向け掲示板「発言小町」の中で、心や体の悩みなど健康について語り合うコーナー。話題のトピは?


 ・生理前のイライラについて

 ・食欲が落ちない中年女性(悲)

薬の検索Powered by QLifeお薬検索

お薬の製品名やメーカー名、疾患名、薬剤自体に記載されている記号等から探す事が出来ます。
⇒検索のヒント

yomiDr.法人サービスのご案内

企業や病院内でも「yomiDr.(ヨミドクター)」をご利用いただけます。

yomiDr.広告ガイド

患者さんから医療従事者、介護施設関係者まで情報を発信する「yomiDr.」に広告を出稿しませんか。

共通コンテンツここまで