医療相談室

Question

右目下まぶた引きつる

 右目の下が引きつっています。眼科、脳外科、精神科を受診しても良くなりません。最近は下まぶたが上がって目が閉じてしまうほどで、人の目も気になります。治療法はあるのでしょうか。(埼玉・40歳主婦)

Answer

ボツリヌス毒素療法も 

 下まぶたが引きつる症状は、顔面筋の痙攣(けいれん)が原因と考えられます。診断で区別しなければならないのが「顔面ミオキミア」と「片側顔面痙攣」です。

 ミオキミアは、脳からの異常な電気的刺激によって起こります。健康な人でも、睡眠不足や眼の疲れで眼の下がピクピクと動くことを経験しますが、通常は一過性です。

 ご質問者のように長く続き、痙攣の程度も強いようでしたら、片側顔面痙攣を疑います。

 脳の信号は、顔面神経を通って顔面筋に伝わり、表情を作ります。ところが、加齢や動脈硬化、先天的な奇形などで脳血管に異常が生じると、動脈が蛇行して脈拍のたびに顔面神経にぶつかり、異常な信号が出て顔面筋がピクピクと動きます。これが顔面痙攣です。

 通常は片側だけで、疲労やストレスで神経が過敏になると痙攣が強くなります。患者さんは動脈硬化を合併していることが多く、高脂血症、高血圧症、糖尿病、高尿酸血症、肥満、喫煙などが危険因子となります。

 まずは、神経内科のある大きな病院で、脳血管のMRI検査などを受け、血液検査で高脂血症などの危険因子の有無を確認してください。脳の血管に異常がある場合は、手術が行われることもあります。

 痙攣に対しては、まず神経を鎮める薬を投与し、あまり効果がない時は、ボツリヌス毒素を眼の周りに少量注射して筋肉を緩ませます。

 ただし、ボツリヌス毒素療法を行えるのは、特定の講習を受けた医師がいる病院に限られます。痙攣のために消極的な気持ちになる患者さんが多いのですが、適切な治療でよりよい生活を取り戻せると思います。 

 堀内正浩・聖マリアンナ医大神経内科講師(川崎市)

2005年8月21日 読売新聞)

相談する

 ・相談 : 常時、受け付けています。

 ※相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

本文ここまで
このサイトの使い方

ニュースなどはどなたでもご覧になれますが、医療大全や病院の実力、 マークのついたコーナーは有料会員対象です。

読売デジタルサービス

読売新聞では、ヨミドクターに加え、様々なデジタルサービスを用意しています。ご利用には読売IDが必要です。

頼れる病院検索

地域や診療科目、病名など気になる言葉で検索。あなたの街の頼れる病院や関連情報の特集を調べられます。

プレゼント&アンケート

今津嘉宏著「89.8%の病気を防ぐ上体温のすすめ」5名様


yomiDr.記事アーカイブ

過去のコラムやブログなどの記事が一覧できます。

読売新聞からのお知らせ

イベントや読売新聞の本の情報などをご紹介します。

子育て応援団
ヨミドクター Facebook
お役立ちリンク集

すぐに使えるリンクを集めました。医療、健康、シニアの各ジャンルに分けて紹介しています。

発言小町「心や体の悩み」

人気の女性向け掲示板「発言小町」の中で、心や体の悩みなど健康について語り合うコーナー。話題のトピは?


 ・生理前のイライラについて

 ・食欲が落ちない中年女性(悲)

薬の検索Powered by QLifeお薬検索

お薬の製品名やメーカー名、疾患名、薬剤自体に記載されている記号等から探す事が出来ます。
⇒検索のヒント

yomiDr.法人サービスのご案内

企業や病院内でも「yomiDr.(ヨミドクター)」をご利用いただけます。

yomiDr.広告ガイド

患者さんから医療従事者、介護施設関係者まで情報を発信する「yomiDr.」に広告を出稿しませんか。

共通コンテンツここまで