サラリーマン世帯の年金 何歳から?

作図・デザイン課 安芸智崇

 サラリーマン世帯は、何歳から年金をもらえるのですか。それは、どんな年金なの?

受給年齢 段階的に上がる

 20歳以上60歳未満の人は国民年金への加入が義務づけられ、65歳から基礎年金が支給される。ずっと自営業だった人などが受け取れるのは、基礎年金だけだ。

 これに対し、会社員は厚生年金にも加入している。厚生年金は現在、通常60歳から支給されるが、段階的に65歳に引き上げられる。

 60~64歳で受け取る厚生年金は、働いていた時の賃金に応じた「報酬比例部分」と、加入期間で決まる「定額部分」の二つに分かれている。60歳からもらえるのは報酬比例部分だけ。定額部分は1941年(女性は46年)4月2日生まれ以降、次第に支給開始年齢が引き上げられてきた。49年(同54年)4月2日生まれ以降はもらえない。

 もっと若い世代では、報酬比例部分の支給開始も遅くなる。60歳からもらえるのは53年(同58年)4月1日生まれまで。61年(同66年)4月2日以降に生まれた人は、65歳になるまで「年金なし」だ。

 65歳以降に支給される老齢厚生年金は、報酬比例部分に相当する金額のみ。65歳からは基礎年金を受け取れるためだ。定額部分をもらってきた人も、65歳以降は、基礎年金に切り替わる。基礎年金が定額部分より低い場合は、「経過的加算」といって、差額を補う給付が厚生年金から出る。

 厚生年金では、扶養する配偶者などについて「加給年金」という加算があり、定額部分の支給開始と同時に受け取れる。定額部分がなくなる年代は65歳からだ。

 金額は、配偶者に対する場合、受給者の生年月日で異なり、例えば、43年4月2日生まれ以降は年39万6000円。ただし、「厚生年金の加入期間が20年以上」などの要件がある。

 加給年金は、配偶者が65歳になって自分の基礎年金をもらい始めたら打ち切り。代わりに配偶者の基礎年金に「振替加算」が上乗せされる。金額は配偶者の生年月日で異なり、若い世代ほど少ない。

 60歳代前半で報酬比例部分を受け取りながら、基礎年金の全部か一部を前倒しで受け取る仕組みもある。方法によって金額が違い、さまざまな制約もあるので、年金事務所で確かめることが重要だ。(林真奈美)

2010年5月25日 読売新聞)

社会保障ナビ 最新記事  一覧はこちら

本文ここまで
共通コンテンツここまで